楽しい果物ライフに便利なグッズ

リンゴとオレンジ 食事/栄養
果物は毎日食べたいですが食べるのが意外と面倒・・・

「ダイエット時の食事の組み立て方」に書いたように、ダイエットの食事の基本は、PFCバランスとビタミン、ミネラル、食物繊維、水分です。

このため、野菜や果物を食べることが推奨されているのですが、果物って、意外に食べるのが面倒じゃないですか?

ここでは、そんな面倒くさがりな私でも毎日お弁当に果物を持って行けるようになったムッキーちゃんと、面倒くさがりな娘たちが、バナナと同じように気軽にリンゴを食べるようになったリンゴカッターをご紹介します。

スポンサーリンク

かんきつのお供、ムッキーちゃん

冬は手で皮をむいて食べられるミカンがあるのでいいのですが、ミカンのシーズンが終わると、手ごろなお値段で、それなりに日持ちがして、手軽に食べられる果物って意外と少ないですよね?

スーパーの棚には、夏ミカンみたいなサイズの柑橘が様々な梅雨くらいまでは並んでいるんですが、夏ミカンみたいな柑橘って皮が厚くて、むくのが面倒で食べにくいんです。

そこでお勧めしたいのがムッキーちゃん。

ところが、このムッキーちゃんを導入したところ、ものすごく楽に柑橘が食べられる♪

おかげで、朝忙しいときでも、夏ミカンみたいな大きめ柑橘を向いて、タッパーに入れてお弁当に持っていくことができるようになりました。
いろんな種類のものが出ているので、毎週どれにしようか、買うのが楽しみです。

ムッキーちゃん (公式動画)

公式動画ではお尻の方からむいていますが、皮に切れ目を入れたら、ヘタの方からむいていくと、内側の柔らかい部分も比較的きれいに取れます。

100均にもミカンの皮むきなるグッズがありますが、ムッキーちゃんの優れているのは、内側の房に切れ目を入れる刃がついていること。これで格段に食べやすくなります。

なお、グレープフルーツは小房の皮が柔らかすぎて、小房に分けるのが難しく、ムッキーちゃんで剥いて食べるのには向いていませんでした。

りんご、梨などのお供、リンゴカッター

りんご、別に果物ナイフ1本あれば食べられるんです。
食べられるんですが、やっぱり、面倒くさい。。。

そこで買ってみたリンゴカッター。

100均でも売っていますが、100均のリンゴカッターは内径が85mmで大きめのリンゴは入らないので注意が必要です。
私が買った貝印のは内径が105mm。
うちはあまり大きいリンゴは買わないので、これくらいで十分でした。

歯がまな板などを傷付けないように少し浮いているので、最後は少しつながった状態になりますが、手でもげば大丈夫。

また、家では芯の部分も食べられるところは食べちゃうので、芯の径が小さいのも無駄が少なくていいですね。
芯をしっかり取りたい人には芯の径が小さいかも?

この後皮を剥くために結局ナイフが必要という方もいるかも知れないですが、うちは気にしないので、皮ごと食べちゃいます。

amazonでリンゴカッターをさがすものの、いまいち内径がわかりにくいのが玉に瑕でしたね。。

これを買ってから、娘たちが、「リンゴ食べよ~♪」と言って、自分で切っておやつ代わりにりんごを食べてくれます。


私は単機能のキッチングッズを買うのは嫌いなんですが(ものが増えるから)、この二つはほぼ毎日使っていて、買ってよかったです。
娘たちがミカン以外の果物を気軽に食べてくれるようになったの嬉しいです。

↑ unlimitedで読み放題になってますね♪

もう手が離れつつある娘二人と夫と暮らしています。残業あり、出張ありのフルタイムのお仕事。ダイエット目的で自転車に乗って得られたものは痩せただけではありませんでした。

かよをフォローする
食事/栄養
スポンサーリンク
シェアする
かよをフォローする
自転車ダイエットの道具箱